ホーム

会報新生「MG Japan 61号」を発行いたしました。

 

会報新生「MG Japan61号」は、新春特別企画として、筋無力症と共存しながら、現役競輪選手として活躍している「山田義彦」選手のインタービュー記事の掲載と顧問紹介 Part4  新しく顧問に加わってくださった防衛医科大学校 神経・抗加齢血管内科 准教授(脳神経内科科長) 海田賢一先生の紹介を掲載。
レポート1は、2019年11月16日、ロサンゼルス(サンタモニカTongva Park)で開催されたMGFA( Myasthenia Gravis Foundation of America)のイベント、MGウォークに参加したレポートを写真と共に報告しています。
「こんにちは!小児MGです」は、小児MGの保護者の方が友人親子をフォローした時の体験談。。
最近話題のジェネリック医薬品の話。「筋肉貯金カレンダー」「2020年度総会&医療相談会」のお知らせです。
各地域の交流会のお知らせも掲載しています。

会報新生「MG Japan」をご入用の方は、事務局までお知らせください。

※会員専用ページより、ダウンロードすることが出来ます。

 
「緊急カード」の発行と配布

当会では、会員の方には、会報誌新生「MG Japan 55号」と一緒お届けしております。会員以外で、希望の方にも配布いたしております。
もしもの時に備えて、ご活用ください。ご入用の方は、お問合せフォームでご連絡いただくか、直接事務局までお知らせください。

緊急カード、ここがポイント!
  • 四つ折りにしたサイズは保健証やクレジットカードと同じサイズ!
  • 救急隊員は、身元を確認するため最初に財布を確認します。財布の中に保険証と一緒に携帯することをお勧めします。
  • 筋無力症では使われると重大なことになる薬があります。禁忌薬が掲載してあるので安心です。
  • 普段から服用している薬やアレルギーなど記載できるので搬送先で迅速な処置をしてもらうことができます。
  • かかりつけ医や病院が記載されているので、迅速に連絡をとることができ、搬送先がわかります。
注意事項
  • カードには個人情報が記載されます。取扱いには十分注意してください。
  • 記載内容は定期的に見直し、確認をお願いします。
  • 緊急カードは、本人が携帯してください。
  • 救急活動においては、カードを活用できない場合があります。