ホーム

「緊急カード」の発行と配布

当会では、会員の方には、会報誌新生「MG Japan 55号」と一緒お届けしております。会員以外で、希望の方にも配布いたしております。
もしもの時に備えて、ご活用ください。ご入用の方は、お問合せフォームでご連絡いただくか、直接事務局までお知らせください。

緊急カード、ここがポイント!
  • 四つ折りにしたサイズは保健証やクレジットカードと同じサイズ!
  • 救急隊員は、身元を確認するため最初に財布を確認します。財布の中に保険証と一緒に携帯することをお勧めします。
  • 筋無力症では使われると重大なことになる薬があります。禁忌薬が掲載してあるので安心です。
  • 普段から服用している薬やアレルギーなど記載できるので搬送先で迅速な処置をしてもらうことができます。
  • かかりつけ医や病院が記載されているので、迅速に連絡をとることができ、搬送先がわかります。
注意事項
  • カードには個人情報が記載されます。取扱いには十分注意してください。
  • 記載内容は定期的に見直し、確認をお願いします。
  • 緊急カードは、本人が携帯してください。
  • 救急活動においては、カードを活用できない場合があります。

 

会報「新生 MG Japan」 55号を発行いたしました

2018年10月2日、会報誌新生「MG  Japan 55号」を発行いたしました。

会員の方には、会報誌と一緒に「緊急カード」をお届けしております。ご活用いただければ幸いです。

今号は、長岡治療院 院長 長岡亨先生のご協力をいただき、関心の高い「東洋医学」について掲載しています。東洋医学は、4回のシリーズ連載で、今号が1回目です。

その他には、「医療費助成制度について」お手元に届いた特定疾患受給者証について詳しくお知らせしています。小児MGちゃんからは、「集団生活の困りごとについて」「もうすぐ1年生になるお母さんから」、そして、岡山で起きた自然災害の体験談や病気となった時の気持ちを書いた「治療よりも辛いこと」。
レポートは8月開催された「全国病弱虚弱教育研究協議会茨城大会」に参加した様子、「風疹流行の兆しあり!」です。

詳しくは、会報誌のページをご覧ください。
なお、会報誌「MG Japan」をご入用の方は、事務局までお知らせください。