ホーム

会報新生「MG Japan 67号」を発行いたしました。

 

会報新生「MG Japan67号」は、当会の顧問、巣鴨総合治療院・整骨院 総院長 沢田 大作先生が国家資格である「公認心理師」の試験に合格され、ご自身の経験をもとに「身体と心の病の関係について」を寄稿していただきました。

特集は、「医師とのコミュニケーション」。交流会や相談の中で、「医師とどのように話をしたらよいかわからない」「どの様に伝えたらよいのかわからない」と言う話がよく出てくるので、診察でのポイントや伝え方についてまとめてみました。

2月下旬から筋無力症の患者とその家族の皆さんにお願いしたコロナに対するアンケートの途中結果、「緊急カード改訂版」の配布のお知らせと記載方法、オンライン交流会やオンライン医療相談会のお知らせと参加方法なども掲載しています。

会報新生「MG Japan 67号」をご入用の方は、事務局までお知らせください。

会報新生「MG Japan67号」

 

※会員専用ページより、ダウンロードすることが出来ます。

4月 MGJapan オンライン交流会

MGJapan オンライン交流会を開催いたします。
スマホやiPad、パソコンから参加することが出来ます。
参加しやすいように、毎月、曜日と時間帯を替えて開催いたします。
開催日時は月ごとに変更される場合がありますのでその都度メールマガジンでお知らせいたします。
どちらかのみの参加、両方参加、途中参加自由もOK!お気軽にご参加ください。
10分前から開通しておりますので、参加にご不安な方は早めにおはいりください。
ご不安な方は、事務局までお気軽にお問合せください。

【日 時】   
2021年4月7日(水) 午後8時~10時
【参加方法】 
WebEXを使用しての交流会です。下記の「ミーティングに参加」をクリックしてください。

ミーティングに参加

【日 時】  
2021年4月24日(土) 午後1時~3時
【参加方法】
WebEXを使用しての交流会です。下記の「ミーティングに参加」をクリックしてください。

ミーティングに参加

「緊急カード改訂版」の発行

当会では、もしもの時に対応する「緊急カード」を発行・配布しておりますが、このたび改訂版を作成、発行いたしました。
このたびの改定では、顧問 東京医大 増田眞之先生に監修していただき、医療機関の目線で必要とされる患者情報を明記できるようにいたしました。服用薬は、受診ごとに変更される場合も多いので、出来れば、処方箋薬局で配布されるQRコードを張り付けるか処方箋をコピーするなどして一緒に携帯するのが望ましいです。


ご入用の方は、「緊急カード改訂版」のページからダウンロードしていただくか、直接事務局までお知らせください。
なお、会員の皆さまには、2021年3
月末に、「緊急カード改訂版」を会報新生「MG Japan 67号」と一緒にお届けする予定です。

「緊急カード改訂版」についての詳しい情報は、情報、資料のページをご覧ください。

眼瞼下垂の手術

 

「目に始まって、目で終わる」といわれる筋無力症ですが、眼瞼下垂は筋無力症の代表的な症状で、お困りになっている方も多いのでは無いでしょうか?

ひと昔前では、「筋無力症は、症状に凸凹があり、瞼の開き具合には変動があるので、固定しなければ眼瞼下垂の手術は出来ない」とされていました。
ここ数年では、患者のQOL(生活の質の向上)の観点から、症状にあった手術を行い、ストレスのない生活を送ることができるようになってきました。
しかしながらその、眼瞼下垂の手術は誰でも安易に考え、できるものではありません。
筋無力症のことを熟知し、神経内科と連携を取り、その患者にあった手術を行う必要があります。

会報新生50号でも紹介・掲載させていただきました「眼瞼下垂手術」に関する説明と治療法をHPにも掲載いたしました。

掲載先リンク
 https://mgjapan.org/treatment-eye/ ‎

筋無力症と禁忌薬

 筋無力症の治療薬として、メスチノン、ステロイドや免疫抑制剤などを服用しています。
筋無力症という病気の特性を理解し、治療薬以外の薬には注意を払わなければなりません。普段何気ない日常の中で使われている薬の中には私たちにとって良くないものもあります。また、受けている治療内容によっては使わない方が良い薬もあるので気を付けなければなりません。

注意しなければならない薬と注意点、要注意薬一覧表を掲載いたしました。「要注意薬一覧」は全てを書き出しているわけではありませんが、参考にしてください。変更や追加があった場合には、随時変更してまいります。外出先で必要になった時や緊急時には活用してください。

掲載先リンク
 https://mgjapan.org/contraindicated-drug-mg/ ‎